アイコン

流速計電子野帳UCM-2

流速計電子野帳UCM-2は各種流速計センサーに接続し、流速・プロペラ回転数・計測時間をデジタル表示して内部メモリーに保存することができます。

流速計電子野帳UCM-2
流速計電子野帳UCM-2
特徴 ①流速検定係数を観測者が直接入力できます。
②プライス式・広井式・プロペラ式等パルス数の異なるセンサーに適応します。
③流速計をつないでスタートスイッチを押すだけで内部マイクロコンピュータによりmm単位まで正確な流速計算が行われます。
④付属のパソコン取込ソフトでパソコンにデータを取込む事が可能です。
定価(税抜) ¥138,000

流速計電子野帳UCM-2は取込んだデータをパソコンに転送できます。パソコンに取込んだデータはエクセルデータに変換してエクセルで編集できます。

取込んだデータをExcelで編集
※パソコン用通信ケーブルはオプションです。定価¥10,000(税抜)

■UCM-2による観測手順

DISPLAY
Uty mode menu1
select : Equat

V=0.324N+0.028
P=1/1
V=x.xxxN±x.xxx
P=xx/xx

(係数を設定)
10:05:35 10A
20 10.2 1.234m/s
(測定待機モード)
Uty mode menu1
select : Equat
V=0.324N+0.028
P=1/1
V=x.xxxN±x.xxx
P=xx/xx
(係数を設定)
10:05:35 10A
20 10.2 1.234m/s
(測定待機モード)
観測フロー
10:05:35 10A
20 10.2 1.234m/s
測定待機モードで
「MEAS/SET」を押します。
10:10:20 10A
20 10.3 1.244m/s